Category: Horror


 北イラクでの遺跡発掘を調査していたアメリカの古生物学者でありカトリックの神学者でもあるメリン神父は、発掘中に悪霊パズズの像を発見した。それは、10年前にアフリカで彼と死闘を交えた悪霊であった。メリン神父はこの邪悪な宿敵と再戦する日が近いことを予感する。パズズのターゲットは、アメリカ合衆国であった。女優のクリスは、映画撮影のためワシントンのジョージタウンに滞在していたが、屋根裏で響く異様な物音に悩まされていた。鼠か何かだと思っていたが、ひとり娘であるリーガンの異変に気付いた。各界の名士を集めたリーガンの誕生パーティの夜だった。リーガンがベッドから起きて居間へやってくると、客の1人である宇宙飛行士に向かって「おまえは宇宙で死ぬぞ」といってその場に放尿した。その夜リーガンのベッドが巨大な何者かに揺られているように揺れ動いていた。リーガンの声は邪悪な響きを帯び、形相も怪異なものに豹変、荒々しい言動は日を追って激しくなった。クリスが主演した映画の監督が奇怪な死に方をし、キンダーマン警部がクリスの家に出入りし始めた。ついには医者からも見放されてしまう。娘が悪霊に取り憑かれたと知ったクリスは、カラス神父に悪魔払いを依頼する。悪魔憑きに否定的なカラス神父であったが、調査を進めていくうちに、リーガン自身からの救済のメッセージを発見する。カラス神父は悪魔払いの儀式を決意、大司教に許可を依頼する。主任には、悪魔払いの経験があるメリン神父が選ばれた。そしてふたりの神父は、少女リーガンから悪霊を追い払うため、壮絶な戦いに挑むが、メリンは心臓発作で倒れてしまった。その彼の顔が突然、悪魔の形相となり、そのまま窓から表に身を投じた。石段を転落して行くカラスの死体。2人の神父の死によって、とうとう悪魔はリーガンの肉体を離れ、滅び去ったのだった。
 20世紀後半のワシントンで、12歳の少女に悪魔がとりつき、肉体から悪魔を追放するために立ち上がった悪魔払い師の恐怖の戦いを描く。ウィリアム・ピーター・ブラッディの同名小説を原作とし、作者本人が脚色を行っている。監督は『フレンチ・コネクション』のウィリアム・フリードキンが担当。主題曲として使われた「チューブラ・ベルズ」も映画の印象を忘れられなくしてくれている。少女に取り憑いた悪魔とキリスト教の神父との壮絶な戦いを描いたオカルト映画の傑作。リアルに描かれたショックシーンが話題を呼び、世界中で大ヒットした。マックス・フォン・シドーやリー・J・コッブなど格調高い出演陣、『フレンチ・コネクション』でアカデミー監督賞を受賞し演出の手腕は証明されているウィリアム・フリードキンによって、これまでのただ驚かせるだけの恐怖映画とは違い完成度の高い作品となっており、公開から35年以上経過した現在でも高く評価されている。ホラー作品でアカデミー脚本賞受賞したのは珍しい。「エクソシスト」とは、「悪魔払いの祈祷師」という意味。
 映画の話題作りのため、フリードキンが撮影中の事故を誇張してマスコミに語ったため、都市伝説となった。公開当初、リーガン役はリンダ・ブレアがひとりで演じたことにしてあり、スタントや悪魔の声を吹き替えた役者の名前がクレジットされなかったため、訴訟になったという経緯もある。当初アメリカではR指定だったが、余りのショッキングさに世論が規制強化を要望、18歳未満は鑑賞できなくなった。イギリスやドイツでも規制がかかり、上映後に発生した事件と映画との関連が取りざたされたりもした。
 70年代、この映画からオカルトホラーというジャンルがホラーと区別されてブームとなったほど。またホラーはB級という概念を覆したとも言える。『エクソシスト』はシリーズ化されパート3まで作成されそのあと『エクソシスト・ビギニング』というのが作られている。続発する超常現象や悪魔に憑依されたリーガンの衝撃なシーンの連続。360度開店する首。身体が中に浮き、緑色の吐瀉物を吐く。クライマックスではエクソシストとして悪魔との戦いに凄まじさを増す。西洋医学、キリスト教、さまざまな背景の中で悪魔の存在を唱っている分、重厚で社会現象までになったオカルト映画のフロンティア的存在だ。2000年に公開された『エクソシスト/ディレクターズカット版』もまた、蜘蛛歩きの場面やサブリミナル効果の挿入、追加、変更された箇所などを加えオリジナル映像にデジタル技術でより恐怖の演出が再編集されている。『エクソシスト』はこれからもホラー映画の歴史の一部として語り続けられる作品だろう。

◎作品データ◎
『エクソシスト』
原題:The Exorcist
1973年アメリカ映画/上映時間:2間2分./ワーナーブラザーズ映画配給
監督:ウィリアム・フリードキン/原作・脚本・製作:ウィリアム・ピーター・ブラッディ/製作総指揮:エル・マーシャル/音楽:マイク・オールドフィールド, ジャック・ニッチェ/撮影:オーウェン・ロイズマン/特殊メイク:ディック・スミス/特殊効果:マルセル・ヴェルコテレ
出演:エレン・バースティン, リンダ・ブレア, ジェイソン・ミラー, マックス・フォン・シドー, リー・J・コップ

recommend★★★★★★★★☆☆
favorite     ★★★★★★☆☆☆☆

 1899年当時西プレインの州都だった自由都市ダンツィヒ、そのさらに郊外のカシュバイの荒れ果てた地で4枚のスカートを履いて芋を焼いていたアンナは逃げて来たコリャウチェクをスカートの中にかくまった。その時にできた子、アグネスは第一次世界大戦後、ドイツ人のアルフレードと結婚するが、いとこのポーランド人ヤンと愛し合い、オスカルという名の男の子を産んだ。1924年3歳になったオスカルにアグネスはブリキの太鼓をプレゼントする。その日に大人たちの醜態を耐えられないと思ったオスカルは大きくなるのを拒み、自ら階段から転落をして成長を止める。周囲は転落が原因だと信じた。このときオスカルには太鼓をたたきながら叫び声をあげるとガラスが割れるという力を身につけた。オスカルは、アグネスとヤンがいまだに逢い引きを続けているのを知った時市立劇場のガラスをその力を使って割った。そのとき第三帝国を成立させ、ダンツィヒを狙うヒットラーの声が町中のラジオに響いた。ある日両親といっしょにサーカス見物に出かけたオスカルは、そこで10歳で成長を止めた団長のベブラに会い、小さい人間の生き方を聞いた。アグネスは再び妊娠し、精神を病んだアグネスは魚ばかりを貪るようになり自殺してしまう。やがて、ナチ勢力は強くなり、1939年9月1日、ポーランド郵便局襲撃事件が起こる。ポーランド人のヤンは銃殺された。母親代わりに少女マリアが来て、オスカーはベッドを共にする。マリアはアルフレードと結婚してクルトという男の子を産むが、オスカーは自分の息子だと思いこむ。3歳になったらブリキの太鼓をあげると約束した。オスカーはベブラ団長と再会し、サーカス団員として慰問に出かける。団員のロスヴィーダと恋に落ちるが、連合軍の襲撃を受けて、ロスヴィーダも死んでしまう。オスカーはクルトの3歳の誕生日に家に帰った。それはドイツ敗戦の前夜。ソ連軍にアルフレードも射殺され、葬儀の日、ブリキの太鼓を棺の中に投げ、彼は成長することを決意するオスカル。その時、彼はクルトが投げた石で気絶する。アンナはオスカルを介抱しながらカシュバイ人の生き方を語る。そして成長をはじめたオスカルは、アンナに見送られ、汽事に乗ってカシュバイの野から西ヘと向かっていった。
 第一次大戦とニ次大戦の間のダンツィヒの町を舞台に3歳で大人になることを拒否し自らの成長をとめた少年オスカルと彼の目を通して見た大人の世界を描く。「ブリキの太鼓」はドイツの作家ギュンター・グラスが1959年に発表した長篇小説。続いて書いた「猫と鼠」と「犬の年」ともに、いわゆる「ダンツィヒ三部作」と言われていて、第二次世界大戦後のドイツ文学における最も重要な作品のひとつに数えられる。この映画はその原作を1979年にフォルカー・シュレンドルフによって映画化されたものである。1979年度カンヌ国際映画祭パルムドール、アカデミー外国語映画賞を受賞している。
 正直、この映画を理解するには自由都市の時代からのダンツィヒの町の歴史を知らないと難しいかもしれない。原作は、現実と幻と夢が交錯し、毒舌が過ぎ、そこにスラブ調の雰囲気が加わって寂しいらしい。この大作を映画化するのは無理だと言われ、映画は原作の途中までを映像化しているようだ。この映画はホラーというよりはオカルト映画の部類に入れたいが、シリアスドラマでも構わない。だが、エロチックでグロテスクな表現と少年の異様さからオカルト映画としてとらえることにした。いかにも悪魔的要素を湛えた少年をダーヴィット・ベンネントは本当に不気味に演じ、驚かされる。ブリキの太鼓、スカートの中、少年の超能力的力、小さな人々、歴史的背景、戦争と侵攻、ナチスの独裁、あまりにも多くの要素の中に、オスカルの強い意志や悪魔的思考、そしてその壊れやすさに引き込まれてしまう。何となくおぞましい映画だ。ボクらは同じく第二次世界大戦をおこしたドイツと日本でありながら、決定的な差異というものを感じると思う。ポーランドの激動史を描いた作品は稀有なだけにチェックしておきたい。

◎作品データ◎
『ブリキの太鼓』
原題:Die Blechtrommel(英語タイトル:Tin Drum)
1979年西ドイツ・フランス・ポーランド・ユーゴスラビア合作映画/上映時間:2時間22分/フランス映画社配給
監督:フォルカー・シュレンドルフ/原作:ギュンター・グラス/脚本:ジャン・クロード・カリエール, ギュンター・グラス, フォルカー・シュレンドルフ, フランツ・ザイツ/製作:アナトール・ドーマン, フランツ・ザイツ/音楽:モーリス・ジャール/撮影:スザンネ・バロン
出演:ダーフィト・ベンネント, マリオ・アドルフ, アンゲラ・ヴィンクラー, カタリーナ・タールバッハ, ダニエル・オルブリフスキ

recommend★★★★★★★☆☆☆
favorite     ★★★★★★☆☆☆☆

 

 カナダ、トロント。少年時代からいつも一緒に人体解剖模型で遊んでいた一卵性双生児のエリオットとビヴァリーは、のちに不妊治療で有名な産婦人科医師となった。社交的で野心家、仕事を首尾よくこなすエリオットを内気で繊細、研究熱心なビヴァリーがサポートし、トロントに婦人科医マントル・クリニックを開業、医師会の頂点に上り詰めてゆく日々だった。ある日ビヴァリーのもとに、女優クレア・ニヴォーが診察に訪れ、体内で3つの小部屋に分かれている彼女の子宮に驚く。エリオットはビヴァリーの報告をうけ、彼女に子供の持てぬ体であることを告げ、その夜関係をもった。翌日クレアを訪れたビヴァリーは奔放な彼女に惹かれてゆく。彼女は兄弟が双子であることを知らず、自分の乱れた過去を告白し、ビヴァリーをベッドに誘った。何もかも共有し楽しんできた兄弟の初めての秘密。が、ある日彼女が友人からマントル兄弟の真実を知ったことで、この平穏は音を立てて崩れた。激怒してビヴァリーのもとを去るクレア。彼は精神を次第に蝕み、薬に依存し現実逃避に走った。クレアの浮気を誤解した彼はますます薬にのめりこんでゆく。苦悩のあまり、今度は妄想にとりつかれ始め、異様な医療器具を作らせ、手術を執刀し、錯乱のうちに患者を傷つけてしまう。エリオットの看護で次第に自分を取り戻してゆくビヴァリー。しかし、今度はそれに反比例するかのようにエリオットの精神が徐々に崩れてゆき、ある日悲劇は起きた。
 幼少期から一心同体に育った完璧な一卵生双生児の婦人科医の兄弟が、ある女性とに出会いにより自己同一性の均衡を崩してゆく姿を描く鬼才デヴィッド・クローネンバーグの傑作サイコスリラー。赤い手術服と赤い背景、不気味な医療器具がクローネンバーグの世界観を見事に描き出してる。不気味に再現した傑作。揺れ動く双生児を名優ジェレミー・アイアンズが好演している。第1級のサイコ・スリラー作品と言え、ドラマの枠に入れるか、サスペンスの枠に入れるか迷ったが、サイコホラーとしてホラーにジャンル分けしてみた。
 この作品はニューヨークで実際に起きた事件が元になっている。診療室で双児の産婦人科医が一緒に死んでいるのが発見されたという事件だ。映画はそこからインスピレーションを得ている。作品はアボリッツ国際ファンタスティック映画祭でグランプリと高等技術委員会賞、デヴィッド・クローネンバーグはLA映画批評家協会賞最優秀監督賞を、ジェレミー・アイアンズはNY批評家協会賞最優秀主演男優賞を獲得している。
 一種独特の雰囲気ではあるが、『戦慄の絆』はデヴィビッド・クローネンバーグ中では、また少し違った異彩を放っていた。それまで『スキャナーズ』『ビデオドローム』『ザ・フライ』など。ホラー・スプラッタ・SF監督として異端児扱いされていたが、偏った分野とは言え世界的な賞を受賞し、評価を得ることになった。『デッドゾーン』もある種マニアックな傑作と一部でもてはやされていたが、人間らしい内面をモチーフにした心理ドラマは本作がはじめてだった。
 おどろおどろしい映像、それは内面の投影でもあると思うが、心理描写が絶妙で、強い自己愛と、それに劣らないほどの、異性愛など入り込む余地のない近親相姦天的な兄弟愛。双児というものはこんなにも共鳴しあうものなのか。微妙で危うい均衡をそれでもすれすれ保ちながら名声を得たのに、その名声と嫉妬、第三者の出現によっておのおのの精神まで崩壊に導かれる。一旦は他者との出会いによって解放されるかに見えた弟の人生は生まれながらの縛られた絆に引き戻され、兄もまた自ら絶望の運命への深海に沈んでゆく。無機質な冷酷さとねっとりとした映像で映し出されるクールでありウェットなエロティシズムの混在がクローネンバーグならではの味を醸し出していると感じた。
 タイトルの“Dead Ringers”は「生き写し」「瓜二つ」といったような意味。異色な関係に支配された彼らは、独りでは決して生きられない依存関係を露呈し、きわどくグロテスクでありながら恐ろしく美しい。好き嫌いが分かれるので、薦められる人は限られるが、大好きな作品だ。

◎作品データ◎
『戦慄の絆』
原題:Dead Ringer
1988年カナダ映画/上映時間:1時間55分/ベストロン映画配給
監督:デヴィッド・クローネンバーグ/製作:デヴィッド・クローネンバーグ, マーク・ボイマン/原作:バリ・ウッド, ジャック・ギースランド/脚本:デヴィッド・クローネンバーグ, ノーマン・スナイダー/音楽:ハワード・ショア/撮影:ピーター・シャシスキー
出演:ジェレミー・アイアンズ, ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルド, ハイジ・フォン・バレスク, バーバラ・ゴードン, シャーリー・ダグラス

recommend★★★★★★★☆☆☆
favorite     ★★★★★★★★★★
carrie
 アメリカのメイン州チェンバンレンの高校に通うキャリーは冴えない容姿と引っこみ思案な性格からいつもいじめを受けていた。ある日体育の授業の後、シャワーを浴びていた彼女は初潮を迎える。それをはやし立てるクラスメイトたちに彼女はショックを受けた。母親は狂信的なキリスト教信者で肉体の成長は邪悪の顕れだといい、キャリーを折檻した。キャリーはいつしか病的に敏感になり、興奮すると念動能力が備わってきているのに本人も気づいていた。キャリーをいじめていたクラスメイトたちが春の卒業前のパーティの参加を禁止される中、近所に住むスーだけは彼女への態度に反省をし、男子生徒のエスコートの不可欠なパーティに恋人のトミーを貸し出した。キャリーを嫌っていた他のクラスメイトはこのことで逆に反感を抱き、ある策略を練った。それは、パーティでベストカップルをトミーとキャリーが選出されうよう裏工作をし、発表の舞台の上でキャリーの頭上から大量の豚の血を浴びせるというものだった。果たしてその最大のいじめは実行された。クイーンに選ばれ、涙ぐむキャリーの上に降り注ぐ血の雨、ピンクから真っ赤に色を変える手製のドレス。彼女はショックでその場に立ち尽くす。いつしかそれは怒りとなって増幅され彼女の念力で会場は火の海と化した。茫然と会場を後にするキャリー。家に帰り血に染まったドレスを脱いでシャワーを浴びた後、母に憐憫を乞うキャリーに母はついに悪魔がやってきたと娘をナイフで刺してしまう。キャリーのどうようは頂点に達しキャリーの念力によって家は破壊された。スーを除くすべての人たちが死んだ。しかしスーも精神に異常を来してしまったのだった.。
 これをホラーのジャンルでの初紹介と決めて改めて映画を観たが、何度見てもショッキングな映画だ。原作がこれもスティーブン・キングだったと今知った。当時新人女優だったシシー・スペイセクの初ヒット作品で、世界的に超能力がブームになるほど大ヒットした。シシー・スペイセクはいかにもいじめられやすそうなキャラクターもうまく演じているし、これがパーティでドレスを着飾ると見事に輝きを増すヒロインに変わる。そして何といっても精神錯乱に陥った時の表情のおぞましさ、彼女はこの頃からすでに天才女優だったんだな、と思う。残念ながらこの印象が強くついてしまい、彼女が再び演技派女優として花開くのはかなり時間がたってからになってしまう。しかしまた最近賞レースなどにもよく登場するようになり、この映画のイメージは払拭されたようだ。
 この映画はホラーというよりは超能力もあってオカルトに近いかも知れない。まず、冒頭にシャワールームで血を流し初潮をからかわれるシーンがこの映画のイメージを決定づける。シャワールームの隅で座り込みクラスメートの罵声を受けるシーンは血が流れていることもあり、ホラー的な描かれ方をしている。アジアでは初潮は神聖なるものとして祝いごととなり、こんな描き方をしたら冒涜ともとられかねない。ここでの陰惨ないじめを母が理解し優しく宥めてくれたら彼女にこんな体質は顕れなかっただろう。なぜこんなに周りの人たちは陰険な人間ばかりなんだろうと思えるほどである。唯一といっていいほどの理解者だった女性教師のような優しい性格の母親だったら、と思う。母親の育て方や接し方は子供にいかに影響を与えるかを強調しているような映画だ。まあ、ボクも価値感がもうすこし母と似ていれば、こんな変な人間にはなっていなかっただろうと思ったりもする。
 ラスト、ただ一人生き残ったスーがベッドで夢を見ているシーン、ここでキャリーのお墓に花を添えるとき、墓から血に染まったキャリーの手が突如土から出てきてスーの手を掴む、スーはベッド上で脅え苦しむ。今となってはこの常套手段たるホラーのエンディングのシーン、もうすべてが終わって平和になったと見せかけて最後もう一回脅かしてみせる、これにまた驚いてしまうボクたちがいるわけだ。まんまと作り手の策略にひっかかかる。でも、それが楽しくなってきたり、飛び散った肉片を美味しそうだと思ったりできたら、もうホラー映画のとりこになっていると言っていいかもしれない。
 そうだ、ボクはもう週に1度は血を見ないといられなくなってしまっているのだから。
 
 ◎作品データ◎
『キャリー』
原題:Carrie
1976年アメリカ映画/上映時間1時間38分/ユナイト映画配給
監督:ブライアン・デ・パルマ/製作:ポール・モナシュ/原作:スティーブン・キング/脚本:ローレンス・D・コーエン/音楽:ピノ・ドナジオ/撮影:マリオ・トッシ
出演:シシー・スペイセク/パイパー・ローリー/エイミー・アービング/ウィリアム・カット/ナンシー・アレン
 
recommend★★★★★★★☆☆☆
favorite     ★★★★★★★★☆☆