1863年、南北戦争で分裂したアメリカに南部の独立を支持したイギリスは、カナダのハリファックスに軍隊を送り込んだ。そこに商船で渡航した乗客たちが上陸する。その中に若く美しい女性の姿があった。検問をすり抜けて馬車の乗った彼女は、御者のオブライエンにサンダース家の下宿を紹介される。彼女はミス・ルーリーと名乗って下宿した。彼女はパリの医師ルノルマンの妻と名乗って公証人ルノワールを訪れる。姪の婚約者ピンソン中尉について内密に調査してほしいというのだ。本屋でピンソン中尉を見かけた彼女は、店主のホイスラーから借金が多いなどピンソンに良くない噂が多いことを聞かされる。ビンソンにはその気もないのに恋文を出したり追い回したりする彼女。彼女の本名はアデル。そして両親からの送金で食いつないでいる。アデルの行動は、日増しに狂的になっていく。心労のたまったアデルは手紙用の紙を購入する本屋の前で倒れてしまう。病床でアデルは両親にピンソンと婚約したと手紙を書く。サンダース夫人に手紙の投函を頼まれた医師は、宛先が文豪ヴィクトル・ユーゴーであることに気づく。アデルはユーゴーの次女だった。ピンソンが宿舎にもどると上着のあちこちに恋文が入れられていたりする。ある日、父からの結婚同意書が届いた。同意書を見てもピンソンに結婚の意志はないので、アデルは、これでお別れだからと涙ながらに訴えピンソンにキスさせる。それでもアデルは両親にピンソンとの結婚を報告した。ピンソンからの手紙で結婚が偽りであり可能性もないことを知ったユーゴーは、アデルに帰国するよう連絡する。だがアデルにピンソンから離れる意思はなかった。奇矯な行動をエスカレートさせるアデルは、売春婦をピンソンの元に行かせる。アデルは帰国の準備を始め、サンダース家を出ても実際に去ることはできず浮浪者向けの無料宿泊所を紹介してもらう。服装もボロボロになったアデルに、父から母が病気療養に移転してひとりぼっちだから帰って来てほしいと手紙が届く。それでも彼女はカナダの町をうろつき続ける。やがて母親の訃報が新聞に掲載された。ピンソンの隊はバルバドス島に移動。後を追ったアデルは黒人地区で倒れ、地元の黒人女性に助けられれる。ピンソンは倒れて看病されているアデルがピンソン夫人と名乗っていることを知らされた。やがて街を徘徊するアデルの姿を見つけたピンソンは後を追う。だが、アデルはピンソンが目の前に立って声をかけても、彼を見止めることはなく歩んでいってしまう。精神を病んだアデルは黒人女性に連れられて帰国し、約40年を精神病院で暗号による日記を書いて過ごす。父ヴィクトル・ユーゴーは1885年に「黒い光が見える」と言い残して死んだ。誰よりも長く生きたアデルが死んだのは1915年4月のことだった。
 フランセス・ヴァーノア・ギール著の「アデル・ユーゴーの日記」をもとに、文豪ヴィクトル・ユーゴーの次女アデルの狂おしい愛情を描いた力作。イザベル・アジャーニの出世作。製作・監督は名匠フランソワ・トリュフォー。彼にとっても、代表作のひとつとなった。
 ハリフォックスのシーンはガーンジー島で、バルバドス島のシーンはアフリカのセネガルの首都ダカールの真向かいにあるゴレー島で、それぞれ撮影されている。トリュフォーは本作の企画を6年間温めていたが、テレビでイザベル・アジャーニを見て、すぐさま彼女のために脚本を書き上げたという。のちに、アジャーニは「この映画のおかげで今の私がある」と語った。実際にアデルがカナダに渡ったときの年齢は33歳であり、当時18歳のイザベル・アジャーニとは年齢にひらきがある。が、そのことについてトリュフォー監督は「誰もそんなことは考えないだろうよ」と答えただけだったという。しかし、恋に取り憑かれた女性の執念は怖い。自分の精神まで狂わせてしまうのだから。その後のイザベル・アジャーニの活躍や役選びを観てもこの作品が原点にあることは明らかだ。とにかく女性は怖いと思い知らされた作品だ。

◎作品データ◎
『アデルの恋の物語』
原題:L’Histoire d’Adèle H.(英語タイトル:The Story of Adele H.)
1975年フランス映画/上映時間:1時間36分/ユナイト配給
監督・製作:フランソワ・トリュフォー/原作:フランセス・ヴァーノア・ギール/脚本:フランソワ・トリュフォー, ジャン・グリュオー, シュザンヌ・シフマン/音楽:モーリス・ジョベール/撮影:ネストール・アルメンドロス
出演:イザベル・アジャーニ, ブルース・ロビンソン, シルヴィア・マリオット, ジョセフ・ブラッチリー, イヴリー・ギトリス

recommend★★★★★★☆☆☆☆
favorite     ★★★★★★☆☆☆☆
 
 
広告