アイオワ州の田舎町に住む農夫レイ・キンセラは妻と娘の3人は貧乏で平凡だがささやかな幸せの家庭を築いていた。レイは、若い頃父親と口論の末に家を飛び出し、以来生涯に一度も父の顔を見る事も、口をきく事すらもなかった事を心の隅でこうかいしている。ある日レイはトウモロコシ畑を歩いているとふと不思議なお告げを聞く「トウモロコシ畑を潰して野球場にすれば夢が叶う」―その言葉から強い力を感じ取った彼は家族の支持のもと、レイは周囲の反対を押し切って、何かに取り憑かれたように生活の糧であるトウモロコシ畑を切り開き、お告げ通りに行動し、小さな野球場を作り上げる。暫く何も起きなかったが、ある日の晩、娘が夕闇に動く人影を球場にみつける。失意のうちに生涯を終えた偉大な野球選手だった裸足のジョー・ジャクソンたちの霊を見る。ジョーは“ブラックソックス事件”で球界を永久追放され、 “シューレス”ジョー・ジャクソンだった。その日を境に、シューレス・ジョーとともに球界を追放されたシカゴ・ホワイトソックスの8人のメンバーが次々と姿を現わした。その時レイはまたしても「彼の苦痛を癒せ」という幻の声を聞き、彼は1960年代の作家テレンス・マンを訪ねてシカゴヘ向かう。そしてフェンウェイ・パークで野球を観戦中、レイとテレンスは電光掲示板に映ったメッセージを読みとり、今度はムーンライト・グラハムという野球選手を探すことになった。2人はミネソタ州チゾムに彼を訪ねるが、すでにグラハムは亡く、その夜レイはなぜか1960年代のムーンライト・グラハムと出会った。しかしその頃アイオワでは、レイの野球場が人手に渡る危機を迎えようとしていた。アニーからそれを聞いたレイは、マンとともに帰途につくが、道中ひとりの若き野球選手を車に乗せる。実は彼こそが若き日のグラハムだった。アイオワに戻ったレイは、野球場売却を勧めるアニーの兄マークと口論するが、その最中カリンがケガをする。そんなカリンを助けたのが、ドク“ムーンライト"グラハムであった。そしてその時初めて、マークにもこの土地の持つ夢の大きさを知り、売却を撤回した。そしてその夢は、限りない未来への希望で包まれていいた。
 『フィールド・オブ・ドリームス』は、1989年公開のアメリカ映画。W・P・キンセラの小説「シューレス・ジョー」を原作にフィル・アルデン・ロビンソンが監督と脚色を兼任。野球を題材として夢や希望、家族の絆といった、アメリカで讃えられる美徳を描き上げたファンタジー映画だ。撮影はジョン・リンドレイ、音楽はジェームズ・ホーナーが担当。出演はケヴィン・コスナー、エイミー・マディガンほか。特に野球が広く親しまれている国においてヒットし、アメリカでは第62回アカデミー賞で作品賞、脚色賞、作曲賞にノミネートされ、また日本では、第33回ブルーリボン賞や第14回日本アカデミー賞で最優秀外国語作品賞を受賞。全世界で8つのノミネートを受け5つの受賞を果たしたがそのうち4つは日本の映画賞である。日本人向けのノスタルジーを誘う癒される映画だ。映画の撮影は舞台となったアイオワ州北東部、ダビューク西郊の小さな町ダイアーズビルで行われた。劇中に登場する野球場は撮影に際し実際に建造されたもので、撮影終了後も土地の所有者によって保存され、無料で入場することができ、許可を得れば野球の試合をすることもできる。テレンス・マンというって作家、J・D・サリンジャーがモデルという話もある。
 1960年代の熱狂と挫折、その後に続く混乱と倦怠と無関心の日々、政治の横暴と新たな帝国主義、失われていく古き良き時代のアメリカ。しかし、不思議な声を信じて行動するレイの無垢な想いが、断絶したまま死別した父との和解を実現させ、夢破れた人々の心を癒し、古き良き時代のアメリカを蘇らせる。それをアメリカの国技野球を通して、アメリカの原風景ともいえるグレート・プレーリーのトウモロコシ畑を舞台に描いているのが何よりの感動的。そんな1980年代の終わり、何の利益も生まない、ゴーストたちが野球をする球場を守ろうとする主人公とその家族の姿は、アメリカの過去の伝統にもう一度目を向けるよう示唆しているかのようだ。ラスト、死んだ父とレイが2人きりでキャッチボールをする場面も感動だが、その背後で球場に向かうたくさんの車のヘッド・ライトが遥か彼方まで続いているカットこそ真に感動的。

◎作品データ◎
『フィールド・オブ・ドリームス』
原題:Field of Dreams
1989年アメリカ映画/上映時間:1時間47分/東宝東和配給
監督・脚本:フィル・アルデン・ロビンソン/原作:P・W・キンセラ/製作総指揮:ブライアン・E・フランキッシュ/製作:ローレンス・ゴードン, チャールズ・ゴードン/音楽:ジェームズ・ホーナー/撮影:ジョン・リンドレー
出演:ケヴィン・コスナー, エイミー・マディガン, ギャビー・ホフマン, レイ・リオッタ, ジェームズ・アール・ジョーンズ

recommend★★★★★★★☆☆☆
favorite     ★★★★★★★☆☆☆

広告