フランキーはかつて止血係として仕事に就いていたあと、ロスアンゼルスでトレーナーとなってジムを経営し、多数の優秀なボクサーを育ててきた。彼は、ボクサーの安全を考えてしまい、慎重な試合しか組まない。言葉足らずで血気盛んなボクサーたちに逃げられ続けていた。やがてその不器用さは家族に及び、娘のケイティとは音信不通。そんなフランキーのジムの戸を叩いたのは、トレイラー・ハウスで貧しい生活をし、家族が崩壊しているマギー・フィッツジェラルド。彼女は死んだ父親以外から優しくされたことがなかった。プロボクサーとして成功して自分の価値を証明したかった。つい最近まで手塩にかけて育ててきたビッグ・ウィリーに逃げられたばかりのフランキーは、マギーのトレーナーになることを拒んだ。しかし毎日ジムにやって来るマギー。旧友で雑用をしている元ボクサーのエディ・デュプリスが彼女の素質を見抜いて同情し、次第にフランキーはマギーをコーチングしはじめる。そしてやがて2人の間に強い絆が芽生えて行った。マギーは、試合で勝ち続けて評判になりはじめるようになった。階級を上げることになり、ウェルター級でイギリスのチャンピオンとのタイトルマッチにたどり着いた。アイルランド系のカトリック教徒のフランキーは、背中にゲール語で「モ・クシュラ」と書かれた緑色のガウンをマギーに贈る。勝ち続け「モ・クシュラ」とマギーが呼ばれるようになったころ、フランキーは反則だらけの危険な相手として避けてきたWBA女子ウェルター級チャンピオンで「青い熊」と言われているビリーとの試合を決める。100万ドルのビッグ・マッチはマギーが勝ったと思われた、ラウンド終了後、ビリーは反則パンチを不意打ちにマギーに浴びせ、マギーはコーナーの椅子に首を打ちつけ、骨折し、全身不随となってしまう。フランキーは怒りと自己嫌悪に苛まされ、誰の支えもないマギーは完治の見込みがないことで絶望してしまう。やがてマギーは自殺未遂をするようになり、遂にはフランキーに安楽死の手助けを依頼する。フランキーは苦しみ続けるマギーへの想いと、カトリックのタブーとのはざまで苦悩する。ガウンに綴られた「モ・クシュラ」に込めた気持ちをマギーに伝えたフランキーは、意識朦朧のマギーにアドレナリンを過剰投与し、病室から姿を消すのだった。
 誰からも愛情を受けたことのない孤独な女性と、誰にも愛情を表現できない不器用な老年の男の間にボクシングを通じて芽生えた、愛の物語である。アカデミー賞で、有力視されていた『アビエーター』を抑え、作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞の主要4部門を獲得した、クリント・イーストウッド監督の作品。2000年に発表されたF・X・トゥールの短編集“Rope Burns : Stories From the Corner”を元にポール・ハギスが脚本を担当している。PG-12指定になっている。3000万ドルの低予算、37日という短期間で製作されている。
 感動はするもののボク個人的には『ミスティック・リバー』の方が好きで、しかし、賞レースなどでは『許されざる者』や『ミリオンダラー・ベイビー』の方が評価されている。興行収入でも『ミリオンダラー・ベイビー』は成功を収めている。戸惑いを感じるのはテーマに「尊厳死」という極めて難しい価値観を問われるせいだと思う。実際、『ロッキー』の女性版を彷彿とさせる冒頭から途中までと「尊厳死」を肯定するかのような作風に賛否両論の議論を巻き起こした。ストーリーそのものは斬新でも何でもない。ボクシング映画なのに派手さは全くなく、暗くて湿っぽい映像だ。ただそれは、もしかしたら監督の狙うところで哲学が感じられる。辛すぎるほど哀しい。マギーは一生不幸なままで、唯一、フランキーとの日々とボクシングへの情熱、勝ち続けていた栄光の日々だけが、マギーの幸せな人生だ。しかし、その短い日々は何ものにも替え難い最高の日々だったのだろう。絶望を絶望のまま、同情のように終わらせる結末が余りにも観ていて苦しくなる。
 それにしても主演3名の演技が本当に素晴らしい。

◎作品データ◎
『ミリオンダラー・ベイビー』
原題:Million Dollar Baby
2004年アメリカ映画/上映時間:2時間13分/松竹配給
監督・音楽:クリント・イーストウッド/原作:F・X・トゥール/脚本:ポール・ハギス/製作総指揮:ロバート・ロレンツ, ゲイリー・ルチェシ/製作:ポール・ハギス, トム・ローゼンバーグ, アルバート・S・ルディ/撮影:トム・シュテルン
出演:クリント・イーストウッド, ヒラリー・スワンク, モーガン・フリーマン, アンソニー・マッキー, マイケル・ペーニャ

recommend★★★★★★★★★☆
favorite     ★★★★★★★☆☆☆
広告