ある殺人事件の審議のために12人の陪審員が集められた。12人は、職業も年齢もバラバラで無作為に選ばれた人たち。陪審委員長を努める40歳の体育教師の1号、28歳会社員の2号、49歳の喫茶店オーナーの3号、61歳の元信用金庫職員の4号、37歳の会社員で庶務をしているOLの5号、34歳のセールスマンの6号、33歳タイル職人の7号、29歳主婦の8号、51歳歯科医師の9号、50歳のクリーニング屋店長の妻の10号、30歳役者の11号、30歳の大手スーパー課長補佐の12号。被告人が若くて美人だったことから審議は概ね無罪で始まる。すぐ全員一致で無罪が決定するかに思われたが、討論がしたくてたまらない2号が無罪の根拠をおのおのに詰め寄ったことから、審議は意外な展開を迎える。有罪派と無罪派に分裂、陪審員の感情が入り乱れ、被告人の有罪の線が濃くなっていく。しかし、中で独り存在の浮いていた11号が事件の謎解きを始め、事件の新たなる真実が判明、事態はまたまた逆転し、被告人は無罪となるのだった。
 『十二人の怒れる男』を元に、「日本にも陪審員制度があったら?」という架空の設定で描かれる法廷劇・密室劇。いまをときめく三谷幸喜が当時所属の劇団東京サンシャインボーイズのために書き下ろした戯曲。1990年にシアターサンモールで舞台として初演された。このときは三谷幸喜も一橋壮太郎という名前で出演していた。もし日本にも陪審員制度があったらという仮定に基づいて、12人の陪審員の姿をユーモラスに描いている。この好演がきっかけで映画化され、三谷幸喜は映画でも脚本を執筆、脚本だけに専念した。この成功がなければ、今の三谷ワールドはないだろう。監督は「櫻の園」の中原俊。
 この内容のせいでメディアなどで裁判員制度の話題になると、この作品が取り上げられることが多い。しかし、これが製作された頃は制度のかけらもない。今、作られれば、社会問題を茶化しているととらえられてしまうだろう。この辺の環境にこの映画の面白さがある。
 結論が導かれるまで、12人がそれぞれにちゃんと重要な役割を果たしていて、ヒントとなる見解を随所で言っている。それがラスト近くで明確な答えとしてつまびらかになっていくが、何のつながりも無さそうな伏線が巧妙に交錯しあってゆく経緯は三谷幸喜の脚本のなせる技だと思う。当時、だれも無名だった12人の作品として、秀逸な作品だったと思ったものだった。塩見三省、豊川悦司、相島一之の出演が今の活躍を導いたと言っても過言ではない。
 無作為に集められた12人の見ず知らずの日本人が、気を遣いながら、罵り合いながら、妥協して、また固執して、有罪か無罪かを二転三転させながら話を進ませるユーモア溢れる内容はアメリカの『十二人の怒れる男』のように1人の無罪主張から全員を説得するまでのやりとりではなく、二転三転するどんでん返しの連続。先が読めない。そして突拍子もない発想。それがなぜか討論の中で自然に流れていく。唐突でも何でもない。アメリカ版と違うのは、演劇的な要素が多く入っているように思う点。ストーリーの構築、結末の付け方、確かに面白おかしくは書いてあるが、ユーモアの中に人が人を裁けるのかという心理や社会的風刺を盛り込むやり方は演まさに三谷幸喜マジック。でも、ストーリー展開の面白さでは今もなお輝いているが、ここまで、セリフの面白さ、社会風刺の毒舌さはこの映画が最高なのではないだろうか。
 前回アメリカの『十二人の怒れる男』をアップしたとき、最近は日本の裁判員制度の導入に伴って、アメリカの陪審制度と比較されている書いたけれど、むしろ、この映画を参考にする方が適切かもしれない。シリアスでなければいけないということはない。コメディだから垣間見える本性もある。でも、「死んじゃえ」と「ジンジャエール」を聞き間違えるなんて、三谷幸喜はどういう頭の構造をしていて思いつくのだろう。これは、きっと、笑って観ればいい。

◎作品データ◎
『12人の優しい日本人』
1991年日本映画/上映時間:1時間56分/アルゴプロジェクト配給
監督:中原俊/脚本:三谷幸喜/製作:岡田裕/音楽:エリザベータ・スツファンスカ/撮影:高間賢治
出演:塩見三省, 相島一之, 上田耕一, 豊川悦司, 梶原善

recommend★★★★★★☆☆☆☆
favorite     ★★★★★★☆☆☆☆
広告