ニューヨーク近郊の11歳のエヴァンは、両親が必ず迎えに来ると信じながら養護施設で暮らしていた。孤児院で育ったエヴァンには生まれつき類い希な音感を持つ豊かな音楽の才能が備わっていた。両親と自分は、心に聞こえてくる音を通じてつながっている。そう固く信じていたある日、不思議な音に導かれるように彼は施設を抜け出してしまった。たどり着いたマンハッタンで彼は、“ウィザード”と名乗る男にギターを習い、ストリート・ミュージシャンのグループと生活を共にしながら、両親探しの第一歩を歩み出す。そこでエヴァンは音楽の才能を開花させる。“僕が奏でるギターの音は、この世界のどこかにいる両親の耳にきっと届く”―その思いを胸に、街角で無心に演奏するエヴァン。同じころ、エヴァンは死んだと思っていた彼の母ライラ、そしてライラと結ばれることはなく一時は悲嘆にくれていた父ルイスも、音楽に導かれるかのように、それぞれの想いを胸に見えない運命の糸にたぐり寄せられるようにマンハッタンを目指していた。果たしてエヴァンは、彼ら両親に会い、愛を伝えるという夢をかなえることができるのだろうか?
 天才的な音楽の才能を持つ孤児の少年エヴァン、彼と意図せず離れ離れとなってしまったチェリストの母ライラと、元ミュージシャンの父ルイス。それぞれがそれぞれの想いを抱きながら、運命の再会を果たすために奔走し、音楽によって両親との絆を取り戻す感動のファンタジードラマ。音楽が人に与えてくれる不思議な力と親子愛が、感動の涙を誘う。壮大な狂誌曲と共に訪れるラストシーンは純粋な感動を与えてくれる。監督は父ジム・シェリダンの監督作『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』で脚本を手掛けたカーステン・シェリダン。『ネバーランド』『チャーリーとチョコレート工場』の子役フレディ・ハイモアが主人公の少年をピュアな演技で好演。ギターを弾くシーンは音楽の楽しさを全身で表していて、観ている側も心が躍る。ライラ役のケリー・ラッセル、ルイス役のジョナサン・リース=マイヤーズもそれぞれ見事な演奏シーンを披露。少年を音楽の世界へと導く元ストリート・ミュージシャンをロビン・ウィリアムズが演じる。また、映画の第2の主役とも言うべきテーマ音楽を手がけたのは、名匠のマーク・マンシーナと、『ライオン・キング』でオスカーを受賞したハンス・ジマー。ヴァン・モリソンの「ムーンダンス」から、クラシック、ゴスペルまで、様々なジャンルがクロスオーバーする劇中曲の音楽監修として、ジェフリー・ポラック、ジュリア・マイケルズ、アナスターシャ・ブラウンの3人のスーパーバイザーが担当している。彼らが監修したナンバーで、ハーレムのインパクト・レパートリー・シアターが本作のために書き下ろした「Raise It Up」は、第80回アカデミー賞の主題歌賞にノミネートされた。
 フレディ・ハイモアは、今度は、音楽のパワーを信じる心で夢をかなえていく少年の役に、健気な存在感を光らせる。誰からも理解されない悲しみを内に秘めた孤児だった彼が、人々との触れ合いを通じて自身の才能に目覚め、人間性を豊かにふくらませていく姿は、音が旋律となり、旋律が音楽になっていく音楽の出来上がる過程とよく似ている。そして、エヴァンの投げかけた単音が、母のライラ、父のルイスの魂と響きあい、家族というハーモニーに昇華していくドラマには、すがすがしい感動が満ちあふれている。
 冒頭、現在と回想が輻輳し、複雑な映画と思いきや、すぐに先が読めてしまう。こんな出来すぎた現実は絶対にあり得ない。しかし、こうなるだろうと予想される結末にまんまとはまってしまい、余りにもきれいなハッピーエンドになっている。現実にない、まさに奇跡です。映画だからこれでいいと思える。ラストシーンが、最高潮にじわじわと涙を誘い、感動的な結末が待っている。その後のあの家族の未来は全く必要ない。陳腐な作品になってしまうだろう。知りたい気はするが。子供の親を求め慕う想い、親が子供を疑わない信念、その親子の見えない絆、それが音楽で繋がっているこの音はパパとママがくれた才能、そう思い彼は自分の居場所を知らせる様に音楽を愛しながら演奏をする。途中に出会う子供たちのつながりや音楽の才能を知り金儲けを企む人々、ロビン・ウィリアムズ演じる不思議な人間の登場が、親子の絆を取り戻す救世主のような存在になっている。裏切られたような表情をするが、実は愛をもって送り出す。あり得ない事だらけの展開で、心をキレイにしてくれる映画らしい映画。映画に敷かできない技。出来としては、無茶な設定や展開に秀逸とは言い難い。しかし、出来なんて、関係ない。観る側を和ませる、それで充分だ。

◎作品データ◎
『奇跡のシンフォニー』
原題:August Rush
2007年アメリカ映画/上映時間:1時間54分/ワーナーブラザーズ映画・東宝東和配給
監督:カースティン・シェリダン/原案:ポール・カストロ, ニック・キャッスル/脚本:ニック・キャッスル, ジェームス・V・ハート/製作総指揮:ロバート・グリーンハット, ラルフ・カンプ, ルイーズ・グッドシル, マイキー・リー, ライオネル・ウィグラム/製作:リチャード・バートン・ルイス/音楽:マーク・マンシーナ, ハンス・ジマー/撮影:ジョン・マシソン
出演:フレディ・ハイモア, ケリー・ラッセル, ジョナサン・リース・マイヤーズ, テレンス・ハワード, ロビン・ウィリアムズ

recommend★★★★★★☆☆☆☆
favorite     ★★★★★★★★☆☆
広告