love letter

 神戸に住む渡辺博子。彼女は山の遭難事故で死んでしまった恋人藤井樹の三回忌の帰り道に彼の母に誘われ、中学の卒業アルバムを見せてもらった。その中に樹の昔の住所を発見した博子は、今は国道になってしまったはずの住所に手紙を出してみることを思い付いた。数日後、博子の手紙は小樽に住む藤井樹という同姓同名の女性のもとに届いていた。手紙の差出人に心当たりのない樹は、好奇心から返事を書いてみることにした。来るはずのない返事が届いたのに驚いた博子は、樹の登山仲間で今はガラス工房で働いている秋葉茂に事情を打ち明ける。秋葉は博子に秘かな恋心を抱いていた。天国の樹から返事が来たと喜んでいる博子に心を痛める秋葉。二人の間で何度かの手紙のやり取りが続き、樹が気味悪く思い始めた頃、秋葉は藤井樹本人であると証明できるものを送れという手紙を博子の名を騙って書いた手紙を送った。怒った樹は免許証の拡大コピーを送りつけ、奇妙な文通を終わらせると宣言する。同姓同名で性別の違う藤井樹の存在を知った博子は、嘘でもいいから信じていたかったと落胆する。それを見た秋葉は博子に樹への思いをふっきらせるために、小樽へ行こうと誘う。小樽に着いた博子と秋葉は樹の家を訪ねるが、彼女は留守にしていた。博子は恋人の樹が死んだことだけを隠して、ありのままに事情を説明した置き手紙を残して帰って行く。博子の手紙を読んだ樹は、中学の時に同級生に同姓同名の藤井樹という男子生徒がいたことを想い出した。しばらくして、博子と樹の間で新たな文通が始まり、樹は博子に請われるままに少年・樹との中学時代の想い出を綴っていった。その頃、博子は秋葉とともに樹が遭難した山に登ろうとしていた。博子は山に近づくにつれて次第に勇気を無くしていく。秋葉から樹が遭難した山を指し示された博子は、「お元気ですか? 私は元気です」と何度も何度も山に向かって叫び、号泣した。数日後、樹の中学の後輩たちが一冊の本を持って彼女の家を訪れた。それは、少年のころの樹が転校する前に彼女に託した本だった。後輩たちに促されて図書カードの裏に目を移した樹は、そこに鉛筆で中学の頃の自分の顔が描かれているのに気付いた。
 『Love Letter』は、1995年公開された岩井俊二監督の日本映画。 中山美穂、豊川悦司主演。誤配された恋文からはじまる、雪の小樽と神戸を舞台にしたラブストーリーだ。岩井俊二の劇場用長編映画第1作である。第19回日本アカデミー賞でも最高賞こそ問っていないが各部門で評価され、一人二役を演じた中山美穂は、ブルーリボン賞、報知映画賞、ヨコハマ映画祭、高崎映画祭などで主演女優賞を受賞した。1995年度キネマ旬報ベストテン第3位、同読者選出ベストテン第1位である。しかしこの評価よりもすごいのは1999年に韓国や台湾でも公開され、韓国ではとりわけ大人気を博し、中に仲山美穂が叫んでいた「お元気ですか?」という言葉が流行語となったり、豊川悦司がバラエティ番組でモノマネされるなどの話題沸騰、舞台となった小樽に韓国人観光客が大勢押し掛けたりした。なお、どうでもいいことだが、藤井樹の自宅という設定だった小樽市の旧坂別邸は、2007年5月26日に火災で焼失している。このロマンティックでミステリアスなラブストーリーは独特の雰囲気を醸し出し、特に中山美穂の二役はとてもムードがあり、アイドル歌手から女優としても藤井樹という珍しい名前が同一人物で存在するという設定はリアリティにかけるし、若き日の二人の樹を演じた柏原崇と酒井美紀があまりに中山美穂に似ていないのでその辺は違和感があるが、若き樹ふたりのノスタルジックで淡い恋のやりとりは、新鮮でほのぼのして好ましい。ハンドカメラを多用し、いろいろな小道具を効果的に用いて、淡いトーンで、メロディアスな音楽で飾った岩井俊二独特の演出やスタッフワークは新鮮で斬新で心洗われる。以降一貫してこだわる岩井俊二ワールドの原点として観てほしい気がする。博子と秋葉が小樽を発つ日、博子が街角で自分と良く似た女性と擦れ違うシーンがある。何かを感じた博子は「藤井さん」と声をかけるが、一瞬振り向いた彼女の姿はすぐに雑踏の中に消えていく。ここがとても印象的で美しい。角の取れた中山美穂の美しさにこの映画で惚れたと言っていいかも。

◎作品データ◎
『Love Letter』
1995年日本映画/上映時間:1時間53分/ヘラルドエース=日本ヘラルド映画配給
監督・脚本:岩井俊二/製作総指揮:松下千秋, 阿部秀司/製作:村上光一/音楽:REMEDIOS/撮影:篠田昇
出演:中山美穂, 豊川悦司, 酒井美紀, 柏原崇, 加賀まり子

recommend★★★★★★★☆☆☆
favorite     ★★★★★★★★☆☆
広告