whale rider

 舞台はニュージーランドの小さな浜辺の村。そこには1千年前から、遠くハワイキを出発した勇者パイケアが、苦しい航海中、クジラに助けられ導かれて、この村にたどり着いたという伝説があった。そのパイケアを先祖に持つマオリ族は、代々男を族長として続いてきた。現在の族長の長男ポロランギは男女の双子を授かった。しかし、不幸にも男の子と母親は出産時に命を落とし、女の赤ちゃんが1人生き残った。彼女の名はパイケア。伝説の勇者と同じ名前がつけられた。悲しみに打ちひしがれた父親は村を去り、パイケアは祖父母のもとで育てられる。後継者の誕生を心待ちにしていた祖父のコロは、生存したのが女の子であったという落胆から、パイケアの存在を受け入れず冷たく当たる。祖母のフラワーズは、愛情を必要とする1人の子供としてパイケアを見守っていく。パイケアが育つにつれ、やがてコロ自身も孫を愛することを学び始める。彼女が12歳になった時、ドイツから有名なアーティストとなったポロランギが戻ってきた。コロは、ポロランギが自分の後継者となることを強く望んでいた。後継者は息子しかいないと思っていたコロは、新たな後継者探しを急いだ。パイケアの出生が諸悪の根源だと確信する彼は、村中の12歳となる少年たちを集会所に集め、部族の伝説や伝承歌、闘いの技術などの伝承を開始した。女であるという理由でその訓練に参加すら許されないパイケアは諦めきれず、集会所の陰からコロの教えを学ぼうとするが、集会所は神聖な場所だから女は汚すと言って追い出されてしまう。パイケアは、女である自分の存在を恨めしく思いはじめる。しかし、祖母のアドバイスを受け、叔父のラウィリから秘密の特訓を受け始めた。猛特訓を終えた少年たちに、ボートで沖合に出たコロは、代々族長に伝わるクジラの歯の首飾りを海に投げ入れ、拾って来た者を次の族長とすると彼らに告げた。少年たちは素早く海に飛び込むが、誰も見つけてくることは出来なかった。族長選びが失敗に終わり気を落とし寝込む祖父に、パイケアが首飾りを簡単に探しだした。だが、首飾りはコロの元には返らず祖母の手に託された。翌日、コロの枕元には学芸会の招待状が。パイケアは学芸会で、スピーチコンテストで1位を獲得した、コロに捧げる詩の発表をしたのだった。伝説の勇者パイケアが祖父と同じく孤独に苛まれた時、力を与えてくれるよう祖先に祈ったと伝わる詩を捧げたかったパイケアは涙ながらにスピーチを披露した。しかし、そこにコロの姿はなかった。その頃、まるでパイケアの悲しい運命と呼応するかのように、海の底からクジラの一群が浜に打ち上げられた。この出来事を一族の終末の暗示であると信じ込むコロのもと、クジラたちを海に返そうと村中の者が力を合わせるが、何十トンもあるクジラはぴくりともせず、彼らを海の方に向かせることすらできなかった。その時、大好きな祖父母たちと一族を救うため、パイケアがひとり、ゆっくりとクジラに近づいていった。
 青い海と空が広がる豊かな大自然を誇る楽園の島ニュージーランド。『ロード・オブ・ザ・リング』の舞台としても有名な南国でこの映画は生まれた。マオリ族の伝統とそれに翻弄され離れ離れになっていく家族の絆。自分が女に生まれてきたことに悩み、孤独と戦いながら成長した少女パイケアの元に、クジラたちが次々と姿を現し始める。伝説の勇者の魂を受け継ぐものとして、不思議な運命に立ち向かい、奇跡を起こしていく少女のルーツをめぐる愛と勇気の物語。
 監督はニュージーランド生まれのマオリ人であるニキ・カーロ。監督は語る。「この作品の主なテーマはリーダーシップで、1人の少女という形にそれが結実していく話」だと。
 頑なに伝統に縛られ、それを守り通すことが一族のためと信じきる一族の長と、女性というだけで拒まれてしまうひたむきに一族のことを大切に思う少女の対比が哀しい。女性であれ、男性であれ、人間であれ、何であれ、何かに生まれてきたことは誰のせいでもない。なんともいまだにこんなことがるのかと思わせるような不平等で差別意的な伝統だ。マオリ族の伝統芸能なんて全く知らなかったから、独特で猛々しい奇抜さが異様にさえ見えてくる。衝撃的な伝統だった。だが、女性を排除する伝統は日本の天皇制を彷彿とさせる気がした。映画が始まって冒頭の出産シーンが、古い伝統に繋がってゆくなどと思ってもいないで映画を観ていた。主人公を演じるケイシャ・キャッスル・ヒューズは全くの新人だが、その存在感は素晴らしい。アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたが、主演女優賞のカテゴリーではノミネート最年少だ。ラストシーンは余分なセリフなどないまま深い感動をもたらす。ニュージーランドに行ってみたくなった。なんて単純。
 クジラだけが知っていたのだ。少女が救世主であることを。

◎作品データ◎
『クジラ島の少女』
原題:Whale Riders
2002年ニュージーランド・ドイツ合作映画/上映時間:1時間42分/日本ヘラルド映画配給
監督・脚本:ニキ・カーロ/原作:ウィティ・イヒマイラ/製作総指揮:ビル・ギャビン, リンダ・ゴールドスタイン・ノウルトン/製作:ジョン・バーネット, フランク・ヒューブナー, ティム・サンダース/音楽:リサ・ジェラード/撮影:レオン・ナービー
出演:ケイシャ・キャッスル・ヒューズ, ラウリ・バラテーン, ヴィッキー・ホートン, クリフ・カーティス, グラント・ロア

recommend★★★★★★★★☆☆
favorite     ★★★★★★☆☆☆☆
広告