the squid and the whele

 1986年、ブルックリンのバースローブ。16歳の兄ウォルトと12歳の弟フランクの両親は共に作家。しかし父バーナードはかつての栄光にこだわり現在の長いスランプを持て余していた。母ジョーンはニューヨーカー誌で華々しいデビューを控えた新進作家。そんなある日、兄弟は両親から離婚することを告げられ、共同の監護のもと、父の家と母の家を行ったり来たりの生活が始まる。やがて、弟はストレスから学校で奇行を繰り返すようになり、冷静に受け止めていたかに思われた兄もまた学校で問題を引き起こしてしまった。
 『ライフ・アクアティック』の脚本で注目を集めたノア・バームバック監督が、自身の少年時代を投影して描きあげた自叙伝的なストーリー。多感な年頃の2人の兄弟が、両親の離婚に直面して、心の葛藤を経て成長していく姿を描いている。リアリティにあふれる脚本は絶賛され、アカデミー脚本賞ノミネートをはじめ全米批評家協会賞、サンダンス映画祭、NY批評家協会賞で脚本賞を受賞した。2男役オーウェン・クラインはケヴィン・クラインの息子というのはちょっとしたトリビアです。なかなか演技派。夫婦と子供を演じた4人はもちろん、兄弟のテニスコーチに扮したウィリアム・ボールドウィンもなかなかいいし、その教え子に扮したアンナ・パキンも『ピアノ・レッスン』のあどけなさより色っぽさが増してそこそこ。
 監督のノア・バームバックはたぶん初監督作品だと思う。不器用なおかしさに包まれた家族の物語で、笑えるけど切ない。登場人物がどこかみな屈折していて一挙手一投足をコミカルに表現しているが、その実とてもリアル。コメディからドラマへと引き込んでいく感じがいい。たぶんそれは監督の自伝的要素が強いからだと思う。両親の離婚は監督自身のエピソードだし、そこに思い入れが込められている感じがする。昨今めっきり寡作になったウディ・アレンの後継者とも騒がれているが、シニカルな台詞は確かにウディ・アレンに通ずるところがある。芸術に造詣の深いインテリな父親はとっても独りよがりで呆れる。しかし、そこに存在するリアルさは、嫌いになりきれない。この映画では、父に加担する兄と母の方を慕う弟が設定として面白い。正直、親のエゴで行ったり来たりさせられる子供はたまったもんではないと思う。子供の側に立つ余裕のない親なのだ。そして子供も子供なりにいらだちを感じながらも妥協しながら日々を生きてゆく。両親に対する不安感に情緒不安定になるのはあまりに共感できるから、子供たちの破天荒ぶりも失敗も反抗も笑えるが胸を締め付ける登場人物がすべて欠点があり、それでいて共感できるから愛おしくなってしまう。タイトルの「イカとクジラ」は兄の方が父の肩を持ち、浮気を繰り返す母には反発しているものの、カウンセリングを受けて、母との思い出を語った「イカとクジラ」のことが言葉になるシーンに由来している。このシーンは印象に深く残った。母と行った自然史博物館にあったダイオウイカとマッコウクジラが戦っている巨大模型が怖くて指と指の間からしかちゃんと見ることができなかったことを、素直に、淡々と思い出しながら語るのだ。クールにふるまっているけれど、本当は傷だらけ。でも、今はもう、イカとクジラをちゃんと見つめることができるようになったということだと思う。そして、格闘する「イかとクジラ」に両親の格闘が例えられてもいるのだろう。
 映像が手持ちカメラで見る者の目線と重なっているのが余計に自分の周りに起こっていそうな感覚になる。たぶんその映像に乗っかる等身大の心理を語る脚本が見事なんだろうと思う。

◎作品データ◎
『イカとクジラ』
原題:The Squid and the Whale
2005年アメリカ映画/上映時間:1時間21分/ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント配給
監督・脚本:ノア・バームバック/製作:ウェス・アンダーソン, チャーリー・コーウィン, クララ・マルコヴィッチ, ピーター・ニューマン/音楽:ブリッダ・フィリップス, ディーン・ウェアハム/撮影:ロバート・イエーマン
出演:ジェフ・ブリッジス, ローラ・リニー, ジェシー・アイゼンバーグ, オーウェン・クライン, ウィリアム・ボールドウィン

recommend★★★★★★★☆☆☆
favorite     ★★★★★★★☆☆☆
広告